HP HP Desktop 190 徹底解説

サイトマップ
HP(ヒューレット・パッカード)パソコン比較購入ガイド
HP(ヒューレット・パッカード)パソコンの
比較・購入に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく解説しています。
ここでは、HP HP Desktop 190を解説します。
HP(ヒューレット・パッカード) パソコン
HPパソコン比較購入ガイドTOP > HPデスクトップ > HP HP Desktop 190徹底解説
HP HP Desktop 190徹底解説
HP Desktop 190は省スペース型の筐体を採用したデスクトップPC(HPデスクトップPCの一覧)。

幅が約13.6cmのコンパクトなボディを採用しており、スペースをあまり取ることなく設置することができます。

【HP Desktop 190の特徴】
・AMD Ryzenプロセッサ搭載
・省スペース型のボディを採用
・最小構成で4万円台という安さを実現
・ブラックを基調とした落ち着いたデザイン

HP Desktop 190は、コストパフォーマンスに優れたAMD Ryzenプロセッサを搭載。なので最小構成で4万円台(税抜)という安さを実現しています。

ここでは、HP Desktop 190の特徴、性能について詳しく解説します。

1)省スペース型のボディを採用
HP Desktop 190は省スペースタイプのボディを採用。サイズは約 136mm(幅) x 約 280mm(奥行) x 約 313mm(高さ)となっており、ミニタワー型よりも一回り大きく、スリムタイプよりも一回り大きなボディを採用しています。

幅は13.6cmということなので、そんなに大きくはないですね。
黒を基調とした落ち着いたデザインを採用しているため置き場所を選びません。
2)スペックをチェック
HP Desktop 190の主なスペックは次のとおり。
モデル
エレメンタルモデル
(p031jp)
モデレートモデル
(p052jp/p053jp)
CPU
AMD Ryzen 3 2200Gプロセッサー (3.5GHz-3.7GHz, L3キャッシュ4MB , 4コア/4スレッド)
AMD Ryzen 5 2400Gプロセッサー (3.6GHz-3.9GHz, L3キャッシュ4MB , 4コア/8スレッド)
メモリ 8GB (8GB×1) DDR-2666MHz (最大16GB)
ストレージ 2TB ハードドライブ (SATA, 7200回転)
光学ドライブ
DVDライター
グラフィック AMD Radeon Vega 8 グラフィックス (プロセッサーに内蔵)ー AMD Radeon RX Vega 11 グラフィックス (プロセッサーに内蔵)
拡張ベイ
PCI Express x16×1スロット(空1)、 PCI Express ×1スロット (空1)、 M.2×2スロット(空1)
端子類 USB3.1 Gen1 × 4 (前面)、 USB2.0 × 4 (背面) 、アナログRGBミニD-sub15ピン ×1、 HDMI ×1 、LAN端子、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート、ライン入力×1、ライン出力×1、セキュリティロックケーブル用ホール
サイズ(幅×奥行き×高さ) / 質量 約 136mm x 約 280mm x 約 313mm / 約 3.96kg
現在、エレメンタルモデルとモデレートモデルが用意されています。

CPUには、AMD Ryzen 3 2200G/AMD Ryzen 5 2400G搭載モデルを選択可能。

プロセッサ名の末尾に「G」が入っていることからもわかるように、この2つのプロセッサはグラフィックスを内蔵しており、一定の描画処理能力を発揮できます。

メモリは標準で8GBを搭載。HP Desktop 190で想定されるタスク(Web閲覧/ビジネスアプリ(Wordなど)の操作/動画再生など)であれば、8GBのメモリ容量で十分だと思います。

ストレージは2TB HDDのみを選択可能。高速アクセス可能なSSDは選択できません。

前述したようにグラフィックスはCPU内蔵タイプのみを選択可能。

省スペース型ボディを採用してますが、一定の拡張性も確保しています。PCI Express x16×1スロット(空1)、 PCI Express ×1スロット (空1)、 M.2×2スロット(空1) が利用可能です。

USB端子は、前面部にUSB3.1 Gen1が4つ、背面部にUSB2.0が4つ合計8つを搭載。これだけの数があれば、数が足りなくなる事態は少ないと思います。

また、映像出力端子としてアナログRGBミニD-sub15ピン×1とHDMI ×1を搭載しており、2画面出力に対応しています。

なお、キーボード/マウスは標準では同梱されないので注意が必要です。キーボード/マウスがない場合には、カスタマイズ画面で選択する必要がありますj。
3)各パーツをチェック
次に各パーツについて詳しく見ていきます。
3-1)前面部

前面部。
中央上部には光学ドライブが縦向けに配置されています。光学ドライブはDVDライターのみを搭載。ブルーレイドライブは搭載できません。
中央右には各種端子類を配置。

1)電源ボタン
2)ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート
3)USB 3.1 Gen1×4 が配置されています。
3-2)背面部

背面部。

上段には各種端子類。
5)ライン出力(左側)ライン入力(右側)
6)HDMI出力
7)アナログRGBミニD-sub15ピン
8)USB2.0×4
9)セキュリティロックケーブル用ホール
10)LAN端子
が配置されています。

中段には、拡張カード用のカバーが配置されています。

下段には
11)電源コネクタ
が配置されています。
まとめ
以上、HP Desktop 190について見てきました。特長をまとめると次のとおり。

・省スペース型ボディを採用
・コストパフォーマンスに優れたAMD Ryzenプロセッサ搭載
・最小構成で4万円台という安さを実現
・黒を基調とした落ち着いたデザイン
・一定の拡張性を確保している

Web閲覧/メール/動画再生といった一般的なタスクであれば快適に処理できるようなパフォーマンスを確保していると思います。2画面出力可能なので、作業効率をアップさせることが可能。価格重視だが、パフォーマンス/実用性も重視したい人にオススメです。
*詳しくは、HP Desktop 190詳細情報 iconを参照してください(HP Webページにジャンプします)。

当サイト向け特別クーポンを利用すればHP個人向けPC(12万円以上)が7%オフに! new!
日本HP様から当サイト向けの特別クーポンの提供を受けることになりました。このクーポンを利用すれば、HP個人向けPC(12万円以上)が通常価格から7%オフになります。クーポンの利用方法/条件等については、「HPクーポンで7%オフをゲットする方法」を参照してください。2019年2月28日(木)迄の期間限定です。
(更新日:2018年12月27日)
HP Directplus オンラインストア