HP Pavilion Wave 600-a000jpレビュー

サイトマップ
HP(ヒューレット・パッカード)パソコン比較購入ガイド
HP(ヒューレット・パッカード)パソコンの
比較・購入に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく解説しています。
ここでは、HP Pavilion Wave 600-a000jpをレビューします。
HP(ヒューレット・パッカード) パソコン
HPパソコン比較購入ガイドTOP > HPデスクトップ > HP Pavilion Wave 600-a000jpレビュー
HP Pavilion Wave 600-a000jpレビュー
HP Pavilion Wave 600-a000jpは、HPが再定義したデスクトップ。三角柱のような形状をしており、周囲はファブリック素材で覆われています。最初見たときは「スピーカーかな?」と思わせるようなデザインです。

HP Pavilion Wave 600-a000jpレビュー

HP Pavilion Wave 600-a000jpの主な特徴は次のとおり。

・非常にスタイリッシュなデザイン
・拡張性よりもコンパクトさ/デザインにこだわったつくり
・優れたサウンド性能


ここではHP Pavilion Wave 600-a000jpについて詳しくレビューしたいと思います。
目次
[スポンサーリンク]
1)上質なデザイン

HP Pavilion Wave レビュー

一目見てわかるとおり、これまでのPCと一線を画したデザインを採用。なにか高級家具を思わせる、しっとりと落ち着いた仕上がりになっています。
上から見ると3角形の形状になっているのがよくわかります。

ぱっと見ただけではとてもPCとは思いません。家人なんか、最初に見たとき「加湿器?」で言いましたもんね。

ボディの周囲はファブリック素材で覆われており、これまでのPCのデザインとは一線を画しています。

ボディはそれほど大きくはありません。

持ってみるとこんな感じ。

重量は約2.9kgなので、ちょっと移動させるぐらいなら、苦も無く動かせると思います。

24インチ液晶と接続するとこんな感じ。360度どこからみても同じデザインになっているので、家の中のインテリアとしても使えるかも。

従来のPCだといかにもパソコンという無骨な感じがしたのですが、これなら見えるところに置いておきたいな、と思わせるデザインです。

作業用の机にPavilion Waveを置いて見るとこんな感じ。

テレビの横に置いても違和感がありません。インテリアの1つとして溶け込んでいます。

夜になって照明を当てても、いい感じです。
2)スペックをチェック
HP Pavilion Wave 600-a000jpの主なスペックは次のとおり。4つのパッケージが用意されています。
モデル
600-a031jp
エントリーモデル
600-a051jp
スタンダードモデル
600-a052jp
スタンダード(グラフィックス搭載)モデル
600-a072jp
パフォーマンス(グラフィックス搭載)モデル
OS
Windows 10 Home (64bit)
CPU
インテルCore i3-6100
Core i5-6400T
Core i7-6700T
メモリ
4GB 8GB
ストレージ
1TB HDD (SATA, 7200回転) 128GB M.2 SSD
(PCIe Gen3x4 NVMe)+1TB HDD(7200回転)
128GB M.2 SSD
(PCIe Gen3x4 NVMe)+2TB HDD(7200回転)
グラフィック
インテルHDグラフィックス AMD Radeon R9 m470グラフィックス
光学ドライブ
-
メモリスロット
2
ワイヤレス
IEEE802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2
インタフェース
USB3.0×1 (前面)、USB3.0×2、USB Type-C 3.1×1 (背面)
HDMI×1、DisplayPort×1
LANポート
スピーカー
55mmビルトインスピーカー
寸法(幅×奥行き×高さ)/重量
約173×168×259mm/約2.9kg
価格(税抜)
64,800円
69,800円
84,800円
99,800円
CPUには、インテル第6世代Core i3/5/7の中から選択可能。メモリは最大8GB。

ストレージにはHDDに加えて、高速アクセス可能なSSDとHDDのハイブリッド構成も選択できます。SSDとHDDの両方を構成することで、高速性と大容量を両立させることができます。

グラフィックスには、CPU内蔵タイプのインテルHDグラフィックスとAMD Radeon R9 m470搭載モデルを選べます。

なお光学ドライブは搭載していません。

これらの構成を見る限り、一定の性能を確保しているのがわかります。実際に作業していて、Web閲覧、動画再生といった、比較的負荷のかからない作業であれば快適に行うことができました。

音楽を楽しみたい、映画を堪能したい、ということであれば、このスペックでも十分だと思います。

また負荷がかかった状態でもそれほど騒音はしませんでした。ボディに耳を近づければ多少の音はしますが、それが邪魔になるということはありませんでした。
3)360度全方向に広がるスピーカーを搭載
Pavilion Wave 600-a000jpには、一般的なノートPCの約3倍のワット数を誇る出力と55mm口径のスピーカーを搭載しており、サウンドにこだわっています。

Pavilion Wave 600-a000jpの一番上は独特のデザインになっていますが、このおかげで音が360度全方向に広がるようになっており、部屋のどこにいても同じようにサウンドを楽しめるつくりになっています。

実際に音楽を聴いてみましたが、広がるのあるクリアなサウンドを楽しめました。また動画を見ていたときも、セリフをはっきりと聞き取ることができます。

また老舗のオーディオ企業であるBang&Olufsenと共同開発したサウンドシステムを搭載しており、バランスの良いサウンドを奏でることが可能。

同梱されるソフトウェアを使って、サウンドを自分好みにチューニングすることができます。
4)各パーツをチェック
Pavilion Wave 600-a000jpの各パーツについてチェックしてみましょう。

前面部下にはヘッドホン端子とUSB端子が配置されています。

前面部にUSB端子があるので、こんな風に簡単にUSBデバイスを接続することが可能です。

底面部。通気孔が配置されているのが見えます。

背面部。電源ボタン、カードRID-ダー、USB Type-C、USB×2、LAN、HDMI、DisplayPort、電源コネクタが配置されています。縦一列に配置されており、デザイン面での配慮がなされているのがわかります。この角度から見ても美しいデザインです。

一番上に電源ボタンを配置。電源をオンにすると電源ボタンが点灯します。

電源ケーブルとHDMIケーブルを接続したところ。

Pavilion Wave 600-a000jpには、ワイヤレスのキーボード/マウスが同梱されているので、接続するケーブルは電源ケーブルとモニタに接続するケーブルだけでOKです。
5)内部構造をチェック

イベントに参加したときには、内部構造が見られる展示もありました。

外側のファブリック素材。

中はこんな感じで三角形の縁の部分に各パーツが詰め込まれています。
6)同梱物をチェック

Pavilion Wave 600-a000jpに同梱されるACアダプタは結構大きめです。

前述したように、キーボード/マウスはワイヤレス方式のものが同梱されます。したがって、離れた場所からでも操作できるほか、使わないときは片付けておくことができます。
7)まとめ

以上、HP Pavilion Wave 600-a000jpのレビューでした。特徴をまとめると次のとおり。

・高級家具を思わせる落ち着いたデザイン。どこから見ても美しく、置き場所を選ばない。
・デスクトップとしてはコンパクトなデザイン。設置面積をとらない
・CPU/メモリ/ストレージなどの基本性能は充実している
・360度広がるサウンドを奏でるスピーカー

デザインが美しく、デスクトップとしてはコンパクトなボディなので、部屋のどこにでも置けると思います。あえて、目につく場所に置くのもありでしょうね。

スピーカーに力を入れているので、動画や音楽などのエンターテイメントを楽しむのにぴったりです。

*詳しくは、HP Pavilion Wave 600-a000jp詳細情報 iconを参照してください(HP Webページにジャンプします)。

当サイト向け特別クーポンを利用すればHP個人向けPC(10万円以上)が7%オフに! new!
日本HP様から当サイト向けの特別クーポンの提供を受けることになりました。このクーポンを利用すれば、HP個人向けPC(10万円以上)が通常価格から7%オフになります。クーポンの利用方法/条件等については、「特別クーポンで7%オフをゲットする方法」を参照してください。2017/2/28(火)23時59分までの期間限定です。
(更新日:2016年11月6日)