HP Pavilion 15-ab200レビュー

サイトマップ
HP(ヒューレット・パッカード)パソコン比較購入ガイド
HP(ヒューレット・パッカード)パソコンの
比較・購入に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく解説しています。
ここでは、HP Pavilion 15-ab200をレビューします。
HP(ヒューレット・パッカード) パソコン
HPパソコン比較購入ガイドTOP > HPノートブック > HP Pavilion 15-ab200レビュー
HP Pavilion 15-ab200レビュー
Pavilion 15-ab200は、HPの15インチノート。コストパフォーマンスを重視したスタンダードノートとして位置づけられています。

HP Pavilion 15-ab200レビュー
ここでは、Pavilion 15-ab200の特徴について詳しく解説します。
目次
*HP Webサイトの製品ページを確認する
Pavilion 15-ab200 icon
[スポンサーリンク]
1)4つのカラーリングモデルを用意
Pavilion 15-ab200では、ブリザードホワイト/コバルトブルー/ピーチピンク/ナチュアルシルバーの4つのカラーリングが用意されています。パッケージごとに選べるカラーリングが決まっています。

エントリー:ブリザードホワイト/コバルトブルー
スタンダード:ブリザードホワイト/コバルトブルー/ピーチピンク
パフォーマンス:ナチュラルシルバー

こちらはシルバーモデル。シックな印象です。

天板部分だけでなく、側面部/底面部もシルバーのカラーリングになっています。

キーボード周辺部分はシルバーを採用。この部分はすべてのカラーリングで共通です。

こちらはブルー。鮮やかな青です(写真は先代モデル)。

こちらはピンク。女性受けしそうなカラーリングです(写真は先代モデル)。

底面部もピンク。

ピンクは存在感がありますね。

こちらはイベントに展示されていたホワイトモデル(写真は先代モデル)。
2)美しさと実用性を両立させたデザイン

従来のスタンダードノートの場合、価格重視でデザインは二の次というモデルが多かったのですが、このPavilion 15-ab200では、デザインにも強くこだわった仕上がりになっています。

上の写真は横からみたところですが、すごくシャープな仕上がりになっているのがわかります。

横から見たところ。

液晶を開くとこんな感じ。

ヒンジ部分と天板部分の高さが同じになっており、すごくエッジが効いたデザインになっています。

直線を基調としたぴしっとした感じがいいですね。天板部分は、表面がちょっとざらざらしているので、汚れや指紋がつきにくくなっています。

側面部、底面部も同じカラーリングで包まれており、統一感があります。細部までよく作り込まれたデザインですね。

筐体にはユニボディのフレームを採用しています。このため、継ぎ目が少なくなったほか、剛性を高めることに成功しています。また隙間に汚れが入るのを抑えることができます。

キーボード周りはシルバーを基調とした落ち着いたデザインになっています。

キーボードの周囲はグラデーションになっており、手前側から奥にいくにつれ徐々にグレーになっているのがわかります。
このあたりもデザインへのこだわりを感じますね。

キーボード周辺部はプラスチック素材を使用しているのですが、表面にはキズのつきにくいHP Imprintテクノロジーでフィルムを貼り付けています。

フィルムの表面にはヘアライン風の細かい溝が施されているので、メタリック調な感じ。したがってプラスチック素材なのに、見た目は金属を使用しているように見えます。

こういう仕掛けがなされているので、非常に洗練されたイメージを醸し出しています。

デザインの完成度が高いので、家のどこに置いても違和感がないですね。

持ってみました。重量は約2.29kgあるのでちょっとずしっとします。

外に持ち出すのは難しいですが、室内を移動させるぐらいなら気にならない重さだと思います。

前から見たところ。非常にスリムなのがわかると思います。

24インチ液晶モニタの横に置いてみました。
3)性能をチェック
Pavilion 15-ab200は、HPのスタンダードノートPavilionシリーズに属する15インチノート。ハイエンドに位置づけられるENVYシリーズが性能重視なのに対し、Pavilionはコストパフォーマンスを重視した構成になっています。
【Pavilion 15-ab200の主なスペック】
パッケージ エントリー スタンダード パフォーマンス
カラーリング ブリザードホワイト/
コバルトブルー
ブリザードホワイト/
コバルトブルー/
ピーチピンク
ナチュラルシルバー
OS Windows 10 Home
液晶 15.6型
(1920×1080)
非光沢パネル
タッチパネル ×
CPU 第6世代インテル Core i3-6100U 第6世代インテル Core i5-6200U 第6世代インテル Core i7-6500U
メモリ 4/8GB 8/16GB
ストレージ 500GB HDD(5400回転) 1TB HDD(5400回転) 1TB ハイブリッド・ハードドライブ (8GBフラッシュメモリ内蔵 / 5400回転)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ ブルーレイディスクドライブ
(DVDスーパーマルチドライブ機能搭載)
グラフィックス インテルHDグラフィックス NVIDIA GeForce 940M
バッテリ駆動時間 約7時間
寸法 約 384×261×24−28(最厚部) mm
重量 2.29kg
Pavilion 15-ab200では、エントリー/スタンダード/パフォーンマンスの3つのパッケージが用意されています。OSはWindows 10 Homeです。いずれもCPUとしてインテル第6世代Coreプロセッサを搭載できます。ぞれぞれCore i3/i5/i7を搭載可能。

メモリはエントリー/スタンダードでは4/8GBを、パフォーマンスでは8/16GBを選択可能。

コストパフォーマンス重視のモデルから、性能重視のモデルに至るまで、多様なカスタマイズが可能なのがわかります。
今回レビューしたPavilion 15-ab200はパフォーマンスモデル。インテルCore i7-6500Uプロセッサ/8GBメモリ/1TB ハイブリッド・ハードドライブ (8GBフラッシュメモリ内蔵 / 5400回転)/NVIDIA GeForce 940Mグラフィックスを搭載した、Pavilion 15-ab200のハイエンドモデルです。
実際に操作してみたところ、WEB閲覧/動画再生といった一般的なタスクであれば、快適に操作できました。

Pavilion 15-ab200では、老舗オーディオメーカーBANG&OLUFSENとのコラボレーションにより、上質なサウンドを実現しています。

キーボードの奥にはスピーカーを配置。この位置にあると、手で音が遮られることがありません。

サウンドをカスタマイズするためのアプリケーションが用意されています。

グラフィックイコライザーを使えば、自分好みのサウンドにアレンジすることが可能です。

最初デフォルトの状態で聞いたときには、ちょっと高音がシャリシャリするなと思ったのですが、アレンジすることで、非常に満足度の高いサウンドに仕上げることができました。
4)各パーツをチェック
4-1)液晶

液晶は15.6インチ。

斜めから見たところ。非光沢パネルを搭載しているため、映り込みはほとんど発生していません。

最大解像度は1920×1080ドット。タッチパネルのオプションは用意されていません。

非光沢パネルなので表示がちょっと淡い感じですが、色の再現性はいいと思います。
4-2)キーボード/タッチパッド

キーボード。テンキーを搭載しているので、数字を入力したいときに重宝します。

キーの表面は適度なざらつきが設定されており、すべりにくくなっています。

15インチノートなので、キーピッチも十分は幅を確保しており、入力していても窮屈な感じはしません。

キーストロークはちょっと浅い印象を受けました。また、入力作業をしていると、少し「カチャカチャ」という音が気になるかもしれません。

キーボードの中央部を強く押してもそれほどたわんだりしません。強度はあるので安定したキー操作が可能です。

タッチパッドはクリックボタンが一体となったタイプを採用。
適度なざらつきがあり、使いやすいです。パームレスト部分もべとつかず、さらっとしているので長時間触っていても気になりません。

キーボード左上に電源ボタンが配置されています。
4-3)側面部/底面部

左側面部。本体手前(写真右)から順に光学ドライブ、USB3.0、USB2.0、SDカードスロット、LAN端子、電源コネクタが配置されています。

電源ケーブルは、邪魔になりにくいL型コネクタを採用。

右側面部。本体手前(写真左)から順にステータスライト、ヘッドホン端子、USB3.0、HDMI端子が配置されています。

電源をオンにするとステータスライトが点灯します。

底面部。フレームに継ぎ目のないユニボディを採用しているため、筐体内部にアクセスすることはできません。したがって基本的には自分でカスタマイズ(メモリ増設など)することはできない仕様です。なので、購入する際に必要な構成を選択する必要があります。

バッテリーの部分だけ黒色になっています。

バッテリは着脱可能です。
4-3)同梱物

次に同梱物をチェックしましょう。まずはACアダプタ。

ACアダプタはそれほど大きくなく、片手に収まる大きさ。

Pavilion 15-ab000には、コンセント部分のみのパーツも同梱されています。
ケーブルが長すぎて邪魔になるとき、ACアダプタを持ち歩きたいときに、このパーツを使えば便利です。

「HPパソコンナビ」というガイドブックも同梱されています。最近では、こうしたガイドブックを同梱しないPCが増えていますが、やはりガイドブックがあると便利ですよね。

全ページカラーの構成になっているので非常に見やすいです。
まとめ

以上、Pavilion 15-ab200のレビューでした。まとめると次のとおり。

・4つのカラーリング(ブルー/ピンク/ホワイト/シルバー)モデルを用意
・Widnows 10を搭載
・継ぎ目のないユニボディフレームを採用
・洗練されたデザイン
・インテル第6世代Core i3/5/7プロセッサを選択可能
・コストパフォーマンスは高い


スタンダードノートながら、基本性能は高め。デザイン面も優れており、多彩なカラーリングの中から選べます。性能面で妥協したくないが、コストパフォーマンス/デザイン性も重視したい人にお勧めです。

*詳しくはPavilion 15-ab200詳細情報 icon(HP Webサイト)を参照してください。
当サイト向け特別クーポンを利用すればHP個人/法人向けPC(10万円以上)が7%オフに! new!
日本HP様から当サイト向けの特別クーポンの提供を受けることになりました。このクーポンを利用すれば、HP個人/法人向けPC(10万円以上)が通常価格から7%オフになります。クーポンの利用方法/条件等については、「特別クーポンで7%オフをゲットする方法」を参照してください。2017/8/31(木)までの期間限定です。
(更新日:2016年1月26日)
HP Directplus オンラインストア