HP Spectre 13 (2017年11月モデル) レビュー

サイトマップ
HP(ヒューレット・パッカード)パソコン比較購入ガイド
HP(ヒューレット・パッカード)パソコンの
比較・購入に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく解説しています。
ここでは、Spectre 13(2017年11月モデル)について詳しく解説します。
HP(ヒューレット・パッカード) パソコン
HPパソコン比較購入ガイドTOP > HPノートブック > HP Spectre 13(2017年11月モデル)レビュー
Spectre 13(2017年11月モデル)レビュー
Spectre 13(2017年11月モデル)はデザインが非常にスタイリッシュな13.3インチノートです。同じコンセプトのSpectre 13(2016年モデル)の後継モデルです(→Spectre 13(2016年モデル)のレビューはこちら)。

Spectre 13(2017年11月モデル)レビュー

いずれも、スタイリッシュなデザインとスリムなボディが大きな特徴ですが、Spectre -13(2017年11月モデル)は、

・第8世代インテルCoreプロセッサを搭載している
・質感の高いデザイン
・タッチパネルを搭載している
・バッテリ駆動時間が長くなっている


という特徴が挙げられます。

特にスリムさの点では、クラムシェルタイプのタッチ対応ディスプレイ搭載ノートPとしては世界最薄モデルであることを謳っています。

ここでは、Spectre 13(2017年11月モデル)の特徴/スペック/使い勝手等について詳しく解説します。

目次
1)Spectre 13(2017年11月モデル)と先代モデルの比較
Spectre 13(2017年11月モデル)と先代モデルの主なスペックを比較すると次のとおり。
機種名 HP Spectre 13 HP Spectre 13
(2017年11月モデル)
OS Windows 10 Home 64ビット Windows 10 Pro (64bit)
液晶 13.3インチワイド・フルHDブライトビュー・ディスプレイ (1920×1080/最大1677万色、IPS方式) 13.3インチワイド・フルHDブライトビュー・タッチディスプレイ (1920×1080/最大1677万色、IPS方式)
CPU インテル Core i5-7200U (2.50GHz-3.10GHz, インテル スマート・キャッシュ 3MB / インテルRターボ・ブースト・テクノロジー2.0)/

インテル Core i7-7500U (2.70GHz-3.50GHz, インテル スマート・キャッシュ 4MB / インテルRターボ・ブースト・テクノロジー2.0)
インテル Core i5-8250U(1.60GHz-3.40GHz, キャッシュ 6MB)/

インテル Core i7-8550U (1.80GHz-4.00GHz, キャッシュ 8MB)
メモリ 8GB オンボード (1866MHz,LPDDR3 SDRAM) 8GB オンボード (2133MHz,LPDDR3 SDRAM) /
16GB オンボード 2133MHz,LPDDR3 SDRAM)
ストレージ 256GB SSD (PCIe,NMVe, M.2)/
512GB SSD (PCIe,NMVe, M.2))
光学ドライブ -
グラフィックス インテルHDグラフィックス 520 (プロセッサーに内蔵) インテルUHDグラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)
端子類 USB Type-C×3
(うち2ポートはThunderbolt 3対応)
ヘッドホン出力/マイク入力コンボポート
セキュリティ パスワードのみ Windows Hello
バッテリ駆動時間 約10時間 約11時間15分
サイズ 約325×229×10.4-11.2mm 約308x225x10.4(最薄部)−12.5(最厚部)mm
重量 約1.11kg 約1.11kg
カラーリング ダークグレー / ブロンズゴールド セラミックホワイト
最小構成価格
(税別)
139,800円 149,800円
2017年11月モデルは、先代モデルと比べて次の特徴を備えています。

・Windows 10 Proを搭載
・第8世代インテルCore i5/i7プロセッサを搭載
・16GBメモリ搭載モデルを用意
・タッチパネルを搭載
・Windows Helloに対応
・バッテリ駆動時間が1時間15分延びている
・ボディサイズが小さくなっている


タッチパネルを搭載しているというのは大きな違いですね。タッチパネル搭載モデルでありながら、非搭載モデルとほぼ薄さが同じというのはすごいと思います。

Spectre 13とSpectre 13(2017年11月モデル)比較

イベントに先代モデルのSpectre 13と2017年11月モデルの両方が展示されていました。

左が先代モデル、右が2017年11月モデルです。

2017年11月モデルの方が、幅が約17mm、奥行きが約4mm小さくなっており、コンパクトになっています。さらに、先代モデルのボディの隅が丸みを帯びた形状になっていますが、2017年11月モデルは角張った形状になっているのがわかります。
2)エレガントなデザイン

Spectre 13の一番の特徴は、その洗練されたデザイン。

白を基調としたセラミックホワイトボディを採用。

落ち着きがありながらも、すごく気品のあるカラーリングです。淡いゴールドとの組み合わせがすごくマッチしていますね。

ゴールド部分の質感もいい感じに仕上がっています。

側面部もゴールドの仕上がり。光が当たると、反射してすごく綺麗です。

側面部は、内側に向かってエッジを削る造形になっており、シャープな印象を与えます。

また、液晶部分を開くときに指を引っかけやすいという機能性も実現しています。

非常に完成度が高いデザインになっています。

高級感を醸し出していますね。凛とした印象を与えます。

ボディにはアニオン電着塗装(AED)という塗装が施されており、

・通常の塗装と比較して、2.5倍ひっかきキズに強い
・より滑らかで、薄い皮膜
・指紋がつきにくい

という特性を備えています。

実際に触った感触もすべっとしていてすごく気持いいです。確かに指紋や汚れもつきにくいです。

キーボードとキーもボディと同じホワイトで統一されています。

手の当たるパームレスト部分もしっとりとしていて、触っていて心地いいです。

側面部の艶のあるゴールドがすごくアクセントになっています。

液晶部分のブラックとキーボード部分のホワイトの対比がすごく綺麗。

キーボード上部にあるスピーカー部分も意匠性に優れています。

ヒンジには、高級家具からヒントを得たスピリングヒンジが採用されており、デザイン上のアクセントになっています。

こういうヒンジを採用しているモデルは他にないと思います。

すごく独創的ですね。

液晶を閉じるとヒンジが見えなくなり、すっきりとした印象を与えます。

液晶の外枠(ベゼル)の幅がすごく狭くなってるナローベゼルを採用。液晶左右のベゼル幅は約5.3mmしかありません。

指と比べてみるとその薄さがわかります。

これだけベゼルが薄いと、デザインでのスタイリッシュさが際立つほか、画面を見ているときにベゼルの存在が気にならず、画面に集中することができます。

先代モデルと比べて、ベゼル幅が大きく削減されているのがわかります(右が2017年11月モデル)。

左右ベゼルで約65%、上部ベゼルで約40%の薄型化に成功しています。

画面上部のベゼルも薄くなっていますが、それでもWebカメラは液晶の上部に配置されています。

他社のナローベゼルモデルでは、液晶の下部にカメラが配置されているものもあるのですが、下部に配置されていると見上げる形になってしまい、Webカメラの映りを気にする人もいます。

その点、このSpectre 13(2017年11月モデル)の場合、カメラは液晶上部に配置されているため、抵抗なく受け入れられると思います。

3)コンパクト/スリムボディ

Spectre 13(2017年11月モデル)は非常にスリムなボディを採用。最薄部は10.4mmしかなく、タッチパネル搭載モデルとしては世界最薄を実現しています。

すごい薄さですね。

これだけ薄いとすごく掴みやすいです。

こうやって横から見ると、その薄さが際立ちます。

液晶を開くとこんな感じ。液晶はこの角度までしか開きません。通常のノートと比べると、ちょっと角度が浅い印象を受けます。

本体部分は、CPUやメモリ、ストレージが乗っているのか、と不安になるぐらいの薄さになっています。

本体は雑誌より一回り大きくなっています。

脇に抱えて持ってみました。

前からみると、ノートPCに見えないですね。薄さがよくわかります。

重量は1.116kg。

ボディの大きさの割には軽く感じます。

気軽に持ち運ぶことができます。

スリム/軽量モデルですが、堅牢性も高くなっています。底面部には軽量ながら剛性に優れたカーボンファイバを採用しています。

実際に持ってみて、ボディのよじれを感じることはありません。すごく頑丈なつくりです。これなら安心して持ち運べると思います。

これだけ薄いので、かばん内の収まりもすごくいいですね。スリムなので容積をとらないうえに、鞄からの出し入れもすごくしやすい。ストレスがなくていいです。

上は手提げ鞄から取り出すところ。

ディパックから取り出すところ。

いずれの場合も、出し入れしやすいほか、ボディが軽量でスリムなのですごく携帯しやすいです。
4)優れた基本性能
Spectre 13の主なスペックをチェックしてみましょう。
【主なスペック】
機種名 スタンダードモデル
(13-af018TU)
パフォーマンスモデル
(13-af0189U)
OS Windows 10 Pro (64bit)
液晶 13.3インチワイド・フルHDブライトビュー・タッチディスプレイ (1920×1080/最大1677万色、IPS方式)
CPU インテル Core i5-8250U(1.60GHz-3.40GHz, キャッシュ 6MB) インテル Core i7-8550U (1.80GHz-4.00GHz, キャッシュ 8MB)
メモリ 8GB オンボード (2133MHz,LPDDR3 SDRAM) 16GB オンボード 2133MHz,LPDDR3 SDRAM)
ストレージ 256GB SSD (PCIe,NMVe, M.2) 512GB SSD (PCIe,NMVe, M.2)
光学ドライブ -
グラフィックス インテルUHDグラフィックス 620 (プロセッサーに内蔵)
端子類 USB Type-C×3
(うち2ポートはThunderbolt 3対応)
ヘッドホン出力/マイク入力コンボポート
バッテリ駆動時間 約11時間15分
サイズ 約308x225x10.4(最薄部)−12.5(最厚部)mm
重量 約1.11kg
最小構成価格
(税別)
149,800円 179,800円
CPUには、最新の第8世代インテルCore i5-8250U/i7-8550Uプロセッサを選択できます。それぞれの詳細なスペックは次のとおり。
CPU 第7世代インテル Core i5-7200U
(参考)
第8世代インテル Core i5-8250U 第8世代インテル Core i7-8550U 第7世代インテル Core i7-7550U
(参考)
コアの数 2 4 4 2
スレッドの数 4 8 8 4
プロセッサー・ベース動作周波数 2.50GHz 1.60GHz 1.80GHz 2.70GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数 3.10GHz 3.40GHz 4.00GHz 3.50GHz
キャッシュ 3MB 6MB 8MB 4MB
いすれのプロセッサもコアは4つを搭載。1つ前の世代(第7世代)のCoreプロセッサでは2つのコアしか搭載していなかったため、コアの数が倍になっています。

基本的には、コアの数が多ければ多いほど、同時に処理できる処理数が増えるため、マルチタスクの処理性能の向上が見込めます。

メモリは8/16GB、ストレージは高速アクセス可能な256/512GB SSD (PCIe,NMVe, M.2)という構成になっています。

スリムタイプノートでありながら、高性能なCore Uを搭載しています。また高速アクセス可能なSSD (PCIe,NMVe, M.2)を搭載しているため、読み込み速度を向上させることが可能。コンパクトな13インチノートとしては十分なパフォーマンスを発揮できます。

実際に使ってみて、アプリケーションの起動/切替はすごく高速。Web閲覧や動画再生といった一般的なタスクも快適にこなせました。モバイルノートで実行する、比較的ライトな作業できれば、ストレス無く処理できるレベルのパフォーマンスを確保していると思います。

OSにはWindows 10 Pro (64bit)を搭載しています。
バッテリ駆動時間は約11時間15分を確保。1日中外出しても、バッテリ残量を気にせず済むレベルを確保しています。

また、ファストチャージ(急速充電)機能を備えており、30分で50%も充電することができます。急いでいるときやすぐに移動が必要なときに便利です。

OSにはWindows 10 Proを搭載。セキュリティや管理機能を強化できます。

またWindows Helloに対応しているため、顔認証でログイン可能。セキュリティを高めつつ、ストレスフリーで作業を開始できます。

機内モードが用意されているので、すぐにネットとの接続をシャットダウンできます。F12キーを押せば、機内モードのオン/オフを切り替えることが可能です。

Spectre 13(2017年11月モデル)のパフォーマンスをチェックしてみました。

レビュー機のスペックは次のとおり

Spectre 13-af000(スタンダード)
CPU:インテル Core i5-8250U(1.60GHz-3.40GHz, キャッシュ 6MB)
メモリ:8GB
ストレージ:256GB SSD (PCIe,NMVe, M.2)
グラフィック:インテルUHDグラフィックス 620

Windowsエクスペリエンスインデックスのスコア。

CPU:8.2
メモリ:8.2
ストレージ:8.85
グラフィック:6.5

描画処理能力とCPU性能をチェックするCINEBENCHのスコア

OpenGL(描画処理能力):42.79fps
CPU:494cb

ストレージ性能をチェックするCrystalDiskMarkのスコア。NVMe SSDを搭載しているだけあって高いスコアを記録しています。

ドラゴンクエストベンチマークの結果。1280×720ドット/最高品質では「とても快適」。

1920×1080ドット/標準品質では「普通」。

比較的ライトなゲームであれば、解像度を抑えめにすれば、快適に楽しめると思います。
5)USB Type-Cのみを搭載だが変換アダプタを同梱
Spectre 13のインタフェースはUSB Type-C×3(うち2ポートはThunderbolt 3対応)のみ。薄さを重視した結果、搭載しているインタフェースは絞っているので注意が必要です。

ただし、USB Type-Cから通常のUSB Aへの変換アダプタを1本標準で同梱しているため、従来のUSBデバイスもそのまま利用可能です。

これが変換アダプタ。

USB A端子側。

USB Type-C端子側。

USB Type-Cは上下の向きがないので接続が簡単でいいですね。Spectre 13のUSB Type-C端子はすべて背面部に搭載されているため、接続する際は後ろにスペースが必要となります。
6)液晶を開けやすい

Spectre 13(2017年11月モデル)では、液晶部分を片手で開けることができます。

前面部は内側に削っている造形になっているため、手がひっかりやすいです。

このあたりの工夫もさすがです。

片手だけで液晶部分を開こうとしても、キーボード部分が浮くことがありません。通常のノートPCの場合は、キーボードを搭載したボディが浮いてしまうので、両手で開ける必要があります。

すごく細かいところですが、片手だけで開けられるのはストレスフリーで使い勝手の向上につながります。こういうところまでしっかり配慮されているんですね。
7)優れたサウンド性能

Spectre 13(2017年11月モデル)には、老舗のオーディオメーカーであるBANG&OLUFSENのデュアルスピーカーを搭載。優れたサウンド性能を発揮できます。

スピーカーは、キーボードの上部に配置されています。
実際に音楽を聴いてみましたが、細かなチューニングが施されており、より大きな音量でクリアなサウンドを楽しむことができます。シャカシャカした感じがなく、しっとりと落ち着いています。

同梱されている専用アプリを使って細かなチューニングを施すことも可能です。
8)各パーツをチェック
Spectre 13(2017年11月モデル)の各パーツをチェックしてみます。

液晶は13.3インチワイドパネル搭載。最大解像度はフルHD(1920×1080ドット)。

光沢パネルを採用しており、色が鮮やかに表現されますが、映り込みが発生しやすいです。

表示の綺麗なIPSパネルを採用。

視野角も広めです。

タッチディスプレイを搭載しています。タッチでの操作時の反応も良好です。

黒もしっかり表現できます。動画を視聴しましたが、精細感が高くすごく綺麗。光沢パネルを採用しているため、色の描写も鮮やかです。

キーボード。

コンパクトさを実現するため、キーボードの左右のスペースが狭くなっているのがわかります。

キーボードの左上に電源ボタンが配置されています。

Enterキーの右に一列キーが配置されています。慣れるまでは打ち間違えが発生しやすいかも。

キー表面はそれほど滑らず打ちやすいです。

キーピッチは、約18.7mm。デスクトップのキーボードクラスのキーボードを搭載しています。

コンパクトノートとしてはキーピッチは広めなので、窮屈な感じはしません。

キーストロークはスリムノートとしては深めの約1.3mm。比較的しっかりとした打鍵感を得られます。なので長文が打ちやすいです。

またキーを強く押してもそれほどたわみません。安定したキータイピングが可能だと思います。

ーボードにはバックライトが装備されています。F5キーで、バックライトのオン/オフを切り替えられます。

バックライトを点灯すれば、暗い環境でも快適なタイピングが可能。明るさの調整はできません。

タッチパッドは横長で結構広め。クリックボタンが一体となったタイプです。

表面はつるつるしています。反応は良好。

クリックボタン部分の押し込み幅もいい感じでストレス無く作業することができます。

前述したとおり、パームレスト部分の表面はさらっとしており、触った感触はいいです。

スリム化のため左右の側面部に端子類は配置されていません。

端子類はすべて背面部に配置されています。

左から順にUSB Type-C 3.1 ×1、USB Type-C 3.1(Thunderbolt 3対応) ×2を配置。

一番右にヘッドホン出力/マイク入力コンボポートが配置されています。

コンボポートの左に「SPECTRE」という文字が入っているのが見えますね。

電源ケーブルとアダプタを接続したところです。

底面部。継ぎ目のないデザインになっており、通気孔のみが配置されています。

背面部のすぐ下側にも通気孔が配置されているのが見えます。
9)同梱物をチェック
Spectre 13-af000(2017年11月モデル)の同梱物をチェックします。

まずはACアダプタと電源ケーブル。ボディと同じホワイトのカラーリングです。一般的なノートの場合、ブラックのことが多いのですが 、このSpectre 13-af000(2017年11月モデル)では、デザインを重視しているんでしょうね。色がボディと同じのため統一感があります。

ACアダプタ。手の平と同じくらいの大きさです。

電源ケーブル。

ACアダプタと電源ケーブルを接続するとこんな感じ。

重量は358gです。

コンセント部分のみのパーツも同梱されています。

このパーツをACアダプタに接続したところ。ちょうど四角形になり収まりがいいです。コンセント部分は、使わない時は収納できるので携帯しやすいと思います。

ACアダプタとこのパーツを合わせた重量は約257g。電源ケーブルを持ちあるときと比べると、約100g軽量化できます。
こちらの組み合わせの方がケーブルも邪魔になりにくいし、携帯しやすいですね。

電源ケーブルの接続端子はUSB Type-C端子。本体の背面部にUSB Type-C端子が3つ配置されていますが、どの端子に接続しても充電可能です。

Spectre 13-af000(2017年11月モデル)には、「HPパソコンナビ」というガイドブックが同梱されています。最近ではこうした解説本が同梱されるのは珍しいですね。

カラーでしかも画像を使って丁寧に解説されているのでわかりやすいと思います。

また、専用スリーブケースが標準で同梱されています。

合成皮革であるPUレザー製になっており、見た目や触った感触は革のよう。

PC本体がぴったり収まるサイズとなっています。しっかりホールドされており、引き出すときは強く引っ張る必要があります。なので、逆さにしたときに誤って本体を落下させる可能性は低いと思います。

Spectre 13-af000(2017年11月モデル)はデザイン性が高いため、外に持ち出すときにキズがつくのが気になりがち。標準でケースが同梱されているのはうれしいですね。

なお、Spectre 13-af000(2017年11月モデル)では梱包箱にもこだわっています。本体と同じホワイトのカラーリングを採用。最初に目にしたときに高揚感が得られると思います。
まとめ

以上、Spectre 13(2017年11月モデル)について詳しく解説しました。特徴をまとめると次のとおり。

・タッチパネル搭載としては世界最薄を実現したスリムノート
・高い質感を実現したラグジュアリーなスタイリッシュPC
・どこへでも持ち運べる軽量設計
・第8世代インテルCoreプロセッサを搭載しており優れた基本性能を実現


エレガントでスリムなボディでありながら、高いパフォーマンスを発揮できるノートに仕上がっています。見た目の良さと高いパフォーマンスを両立させたい人、なによりデザインを重視したい人にオススメです。
*詳しくは、Spectre 13(2017年11月モデル)詳細情報 icon(HP Webページ)を参照してください。
【Spectre 13レビュー】
2017年11月モデルの先代モデルSpectre 13についてレビューしています。詳しくは、 Spectre 13レビューを参照してください。

当サイト向け特別クーポンを利用すればHP個人/法人向けPC(10万円以上)が7%オフに! new!
日本HP様から当サイト向けの特別クーポンの提供を受けることになりました。このクーポンを利用すれば、HP個人/法人向けPC(10万円以上)が通常価格から7%オフになります。クーポンの利用方法/条件等については、「HPクーポンで7%オフをゲットする方法」を参照してください。2018/2/28(水)までの期間限定です。

(更新日:2017年12月19日)
HP Directplus オンラインストア