HP 15s-eq1000 詳細情報

サイトマップ
HP(ヒューレット・パッカード)パソコン比較購入ガイド
HP(ヒューレット・パッカード)パソコンの
比較・購入に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく解説しています。
ここでは、HP 15s-eq1000について詳しく解説します。
HP(ヒューレット・パッカード) パソコン
HP 15s-eq1000詳細情報

HP 15s-eq1000は、エントリシリーズとして位置づけられるHPシリーズに属する15.6インチ液晶搭載ノート。シンプルな構成にすることで低価格(最小構成で4万円台)を実現しており、価格重視の方におすすめの構成に仕上がっています。

またHP 15s-eq1000では、従来モデルよりもコンパクト/軽量なボディを実現しており、使い勝手を向上させています。

HP 15s-eq1000

HP 15s-eq1000の主な特徴は次のとおり。

・AMDプロセッサを搭載(Athlon/Ryzenを選択可能)
・高いコストパフォーマンスを実現
・ホワイトをベースとしたシンプルなデザイン
・15.6インチパネルを搭載
・1920×1080ドットの非光沢IPSパネルを搭載
・次世代無線通信規格である11ax(WiFi 6)に対応したモジュールを搭載


ここではHP 15s-eq1000の特徴・スペック等について詳しく解説します。

目次
(*ここに記載されているスペック・構成・価格は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずHP Webサイトでご確認ください)
1)シンプルなデザイン
HP 15s-eq1000で用意されているカラーリングはピュアホワイトのみ。清潔感のあるホワイトです。

天板に加えて、側面部、キーボード、キーボード周辺部もすべてホワイトで統一されています。丸みを帯びたボディに仕上がっており、低価格ノートPCにありがちな野暮ったい感じはしないですね。

シンプルな仕上がりになっているので、どこででも違和感なく使えると思います。

HP 15s-eq1000は、1世代前のHP 15-db1000と比べて、幅は19mm、奥行きは5mm、厚みは4.6mm小さくなっており、コンパクトなつくりになっています。(→HP 15-dbシリーズレビュー)。
また液晶の左右の外枠(ベゼル)が狭くなっており、液晶占有率が72%から82%にアップ。外枠の存在が気になりにくいため、画面への没入度を高めることができます。
重量は約1.6kg。エントリータイプの15インチノートPCの場合、2kgを超える重量になることが多いのですが、このHP 15s-eq1000では軽量化を図っています。
ボディがコンパクト/軽量化されているため、取り回しがしやすく、使い勝手が向上します。この重さなら、家の中を移動させる程度であれば、それほど苦にならないと思います。
2)AMDプロセッサを搭載
HP 15s-eq1000の主なスペックは次のとおり。

【HP 15s-eq1000のスペック】
 
エントリーモデル
エントリープラスモデル
ベーシックモデル
液晶
15.6インチワイド・フルHD・IPSディスプレイ
非光沢
最大解像度
1920×1080ドット
CPU
AMD Athlon Silver 3050U
AMD Ryzen 3 3250U
メモリ
4GB
8GB
ストレージ
128GB SSD(SATA M.2)
256GB SSD(PCIe NVMe M.2)
グラフィックス
AMD Radeon Graphics (プロセッサーに内蔵)
光学ドライブ
インターフェイス
HDMI 出力端子×1、USB3.1 Gen1 ×2、USB2.0 ×1、ネットワークポート(RJ45)×1、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
バッテリ駆動時間
最大約11時間
外寸(mm)
358×242×17.9-19.5
最小重量(kg)
約1.6kg
最小構成価格(税抜)
44,800円
49,800円
59,800円
【CPU】
AMD Athlon Silver 3050U/AMD Ryzen 3 3250U搭載モデルを選択可能。

価格重視ならエントリータイプのAMD Athlon Silver 3050Uがオススメですが、AMD Athlon Silver 3050Uだと処理にもたつくケースが出てくると思うので、性能にこだわるのであれば、よりパワフルなRyzen 3 3250U搭載モデルがオススメです。

【メモリ】
メモリは4GB/8GB搭載モデルを選択可能。4GBだと、負荷がかかったとき処理に時間がかかるケースが出てきます。多少待たされることがあってもいいというのなら4GBメモリでもいいと思いますが、余裕のあるパフォーマンスを希望するのであれば8GBメモリ搭載モデルがオススメです。

【ストレージ】
ストレージはSSDのみの構成を選択可能。SSDは、128GBがSATA接続タイプ、256GBが、SATA接続より高速なPCIe NVMe M.2接続タイプのSSDを搭載しています。

【グラフィックス】
グラフィックスはCPU内蔵タイプのみを選択可能。動画再生などの一般的なタスクであれば十分なレベルのパフォーマンスを確保できると思いますが、描画処理能力を必要とするタスク(動画編集など)には不向きです。
光学ドライブは非搭載です。
コスパに優れたAMDプロセッサを採用することにより、お手頃価格を実現しています。
なお、次世代無線通信規格であるWiFi6(IEEE802.11 ax規格)に対応しているため、WiFi6環境に対応するルーターなどを揃えることで、高速/安定/低遅延のネットワーク環境を構築できます。
3)各パーツをチェック

液晶は、15.6インチパネルを搭載。エントリータイプの場合、価格の安いTNパネルを搭載するモデルが多いのですが、HP 15s-eq1000の場合、表示が綺麗/視野角が広い/色表現が鮮やかという特性を持つIPSパネルを搭載しています。これはすごく大きなメリット。
最大解像度はフルHD対応の1920×1080ドット。従来はエントリーノートだと解像度が低い1366×768ドットのパネルを搭載するモデルがあったのですが、解像度が高いと、精細感の高い表示が可能なうえ、表示領域を広く確保できるので、ウィンドウを並べて表示させることで作業効率をアップできます。

また非光沢パネルを採用しているため、照明などの映り込みが発生しにくく、長時間画面を見続けても目が疲れにくいです。
キーボードは個々のキーが独立したセパレートタイプを採用。テンキーを搭載しており、数字を入力する場合に便利です。
キーピッチ(キー間の距離)は約18.7mm。フルサイズのキーボードのピッチが約19mm。ちょっと狭くなっていますが、これぐらいのキーピッチを確保しているのであれば、それほど窮屈な感じはないと思います。

キーストローク(キーを押し込む深さ)は約1.5mm。このクラスのノートPCとしては一般的な値です。

左側面部
電源端子、SuperSpeed USB Type-A 5Gbps×2が配置されています。

右側面部。SDカードスロット、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート、SuperSpeed USB Type-C 5Gbps×1、HDMI 出力端子が配置されています。
USB端子は全部で3つ。従来からあるType-A端子が2つ、Type-C端子が1つです。
まとめ
HP 15s-eq1000について見てきました。主な特徴をまとめると次のとおり。

・AMDプロセッサを搭載(Athlon/Ryzenを選択可能)
・高いコストパフォーマンスを実現
・ホワイトをベースとしたシンプルなデザイン
・15.6インチパネルを搭載
・1920×1080ドットの非光沢IPSパネルを搭載
・次世代無線通信規格である11ax(WiFi 6)に対応したモジュールを搭載


必要最低限のものを詰め込んだエントリーノートPCに仕上がっています。価格を重視したいが、ちょっとデザインにはこだわりたい、性能も妥協したくない人にオススメです。
当サイト向け特別クーポンを利用すればHP個人向けPC(12万円以上)が7%オフに! new!
日本HP様から当サイト向けの特別クーポンの提供を受けることになりました。このクーポンを利用すれば、HP個人向けPC(12万円以上)が通常価格から7%オフになります。クーポンの利用方法/条件等については、「HPクーポンで7%オフをゲットする方法」を参照してください。2020年7月31日(金)迄の期間限定です。
個人向けデスクトップ/ノートPCを10万円(税抜)以上購入すると5%オフになるクーポンも提供中。購入額が10万円以上12万円未満の場合には、こちらのクーポンを適用するとお得です。→HP割引きクーポンページicon
HP楽天市場店で全品10%オフ&楽天ポイント10倍 new!
HPでは楽天市場店にも力を入れています。6/29(月)10:00〜7/31(金)23:59迄の期間限定で店内全品10%オフになるクーポンを提供中。さらに液晶一体型PCは+5%の15%オフ
5営業日お届けモデル new!

すぐにPCを使い始めたい!という人向けに5営業日でお届けできるモデルをまとめています。詳しくは、5営業日お届けモデル詳細ページ icon(HP公式ページ)を参照してください。

icon icon

当サイトではHPパソコンの詳細情報/レビューを多数掲載しています。更新情報に関しては、ツイッターにアップしていますので、最新情報をチェックしたい人は是非フォローしてください。

(更新日:2020年5月18日)