HP Z240 SFF Workstationレビュー

サイトマップ
HP(ヒューレット・パッカード)パソコン比較購入ガイド
HP(ヒューレット・パッカード)パソコンの
比較・購入に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく解説しています。
ここでは、Z240 SFF Workstationについて詳しく解説します。
HP(ヒューレット・パッカード) パソコン
Z240 SFF Workstationレビュー
HP Z240 SFF Workstationは、高い性能を発揮できるよう設計されたワークステーション。

Z240シリーズには、Z240とZ240 SFFの2つのモデルが用意されていますが、Z240 SFFはスリムタイプのボディを採用することで、省スペースを実現しています。ちなみにSFFとはスモールフォームファクタの略です。

Z240 SFF Workstationレビュー

したがって、高パフォーマンスなデスクトップを探しているが、設置面積は狭い方がいいという人にオススメです。

ここでは、Z240 SFF Workstationについて詳しくレビューします。
目次
[スポンサーリンク]
1)スリムなボディ

Z240 SFF Workstationはスリムタイプボディを採用。

本体が細くなっており、幅は約10cmしかありません。

片手で軽々掴むことができます。

雑誌と比較してみました。高さは33.8cm、

奥行きは38.1cmです。

24インチ液晶モニタと接続するとこんな感じ。非常にコンパクトに収まっているのがわかります。

左側面部には滑り止め用のゴムが配置されており、横置きすることもできます。

横置きするとこんな感じ。

スリムタイプなので誤って倒してしまわないよう、スタンドも同梱されています。

使い方は簡単。本体をスタンドの溝にぎゅっと押し込むだけです。

スタンドがあれば安定性は格段に向上します。手で結構激しく揺さぶってもびくともしません。これなら安心。

持ち上げてもスタンドが外れることはありません。しっかりと吸着しています。
2)高い基本性能
Z240 SFF Workstation はワークステーションということもあり、非常にスペックが充実しています。主なスペックは次のとおり。
機種名 Z240 SFF Workstation
OS Windows 7 Professional  (64bit)/
Windows 10 Pro  (64bit)
CPU インテル Core i3-6300/
インテル Xeon E3-1225v5/
E3-1230v5/
E3-1245v5/
E3-1270v5/
E3-1280v5
メモリ 4GB(4GBx1) / 8GB(4GBx2) / 16GB(8GBx2) / 32GB(8GBx4)/ 32GB(16GBx2) / 64GB(16GBx4))
ストレージ 500GB Serial ATA 6Gb / s(7,200rpm, NCQ) /
1TB Serial ATA 6Gb / s(7,200rpm, NCQ) /
1TB Serial ATA 6Gb / s SSHD (7,200rpm, NCQ) /
2TB Serial ATA 6Gb / s(7,200rpm, NCQ) /
4TB Serial ATA 6Gb / s(7,200rpm, NCQ)/
256GB Serial ATA SSD/
256GB HP Z Turbo G2 ドライブ(M.2接続 SSD)
グラフィックス インテルHDグラフィックス/
AMD FirePro W2100 2GB/
NVIDIA NVS315 1GB/
NVIDIA Quadro K420 2GB/
NVIDIA Quadro K620 2GB/
AMD FirePro W4300 4GB/
NVIDIA Quadro K1200 4GB
光学ドライブ なし/
DVD-ROM(スリムライン)/
スーパーマルチドライブ(スリムライン)/
ブルーレイドライブ(書き込み/読み込み)(スリムライン)
CPUには、インテル第6世代Core i搭載モデルに加えて、高い処理能力を誇るXeonプロセッサ搭載モデルも選択可能。

メモリは4-64GBでカスタマイズできます。

ストレージは、HDDに加えて、高速アクセス可能なM.2接続のSSD「HP Z Turboドライブ」を選択できます。

グラフィックスには、高性能なグラフィックスカード(NVIDIA Quadr、AMD FireProなど)を選択可能。

搭載している端子類は、USB3.0 (フロントx2,リアx6)、USB2.0 (フロントx2(1つはチャージングポート))、Thunderbolt2(リアx1:オプション)、Display Port1.2 (リアx3 : インテルHDグラフィックス用) PS/2 x2、LAN、シリアルポート(リアx1:標準、リアx1:オプション)、オーディオポート。

WindowsエクスペリエンスインデックスでZ240 SFF Workstation のパフォーマンスをチェックしてみました。

レビューしたZBook Studio G3 Mobile Workstationのスペックは次のとおり。

CPU:Intel Xeon E3-1225v5
メモリ:16GBメモリ
ストレージ:1TB HDD
グラフィックス:NVIDIA Quadro K620

CENEBENCHでZ240 SFF Workstationのパフォーマンスをチェックしてみました。

NVIDIA Quadroを搭載しているだけあって、グラフィックスは高いスコアを記録しています。
3)各パーツ詳細

前面部。

前面部上部の中央に電源ボタン、右上に光学ドライブが配置されています。

光学ドライブは、なし/DVD-ROM(スリムライン)/スーパーマルチドライブ(スリムライン)/ブルーレイドライブ(書き込み/読み込み)(スリムライン)の中から選択可能です。

電源をオンにすると電源ボタンが点灯します。電源ボタンの下にはステータスランプが配置されています。

前面部下部には、USB3.0×2、USB2.0×2、ヘッドホン端子が配置されています。

前面部にUSB端子が配置されていると、USBデバイスが接続しやすくていいですね。

右側面部。筐体内部にアクセスするためのハンドルが配置されています。

背面部。

最上部には電源端子。

中段には、拡張スロット用スペース。

下段には、各種端子類が配置されています。USB端子やLAN端子などに加えて、PS/2、シリアルポートなどのレガシーポートも搭載しています。

上面部。

東京工場で組み立てられていることを示す「Made in Tokyo」シールが貼り付けられています。
4)簡単にカスタマイズ可能

Z240 SFF Workstationでは、簡単にパーツを増設/カスタマイズできるよう、ツールレスで筐体内部にアクセスできる仕様になっています。

右側面部にあるハンドルを手前に引くだけで、右側面部が外れます。

力は入りません。

取り外した側面部には、どこにどんなパーツが配置されているのかを示すイラストが貼り付けられています。

筐体内部はこんな感じ。

左上に光学ドライブ。

左下にストレージ。

この部分を簡単に引き出すことが可能。

上に引っ張れば、下に隠れているベイが姿を表します。

こうすれば、簡単にパーツを着脱することが可能。

右上には電源。240W電源を搭載しています。

右下にマザーボードが配置されています。

上部に、拡張カードスロット。

PCI Express 3.0 x16 x1スロット、PCI Express 3.0(x16 メカニカル、x4 エレクトリカル)x1スロット、PCI Express 3.0 x1 x2スロットの合計4スロットが配置されています。この構成では、PCI Express 3.0 x16にNVIDIA Quadra K620が装着されています。

さきほどの光学ドライブ/ストレージ部分を上に引き上げるとメモリモジュールが姿を現します。

DIMMスロットが4基搭載されています。

前面部も簡単に取り外し可能です。

まとめ

Z240 SFF Workstationの特徴をまとめると次のとおり。

・スリムタイプボディを採用
・Xeonプロセッサ/大容量メモリ/M.2接続SSDを選択可能
・多彩な高性能グラフィックスを搭載可能


高い処理能力を誇るスリムタイプマシンに仕上がっています。
*詳しくは、HP Z240 SFF Workstation詳細情報 icon(HP Webページ)を参照してください。
当サイト向け特別クーポンを利用すればHP個人/法人向けPC(10万円以上)が7%オフに! new!
日本HP様から当サイト向けの特別クーポンの提供を受けることになりました。このクーポンを利用すれば、HP個人/法人向けPC(10万円以上)が通常価格から7%オフになります。クーポンの利用方法/条件等については、「特別クーポンで7%オフをゲットする方法」を参照してください。2017/6/30(金)までの期間限定です。

(更新日:2016年7月20日)
HP Directplus オンラインストア