HP ENVY13 ad000 レビュー

サイトマップ
HP(ヒューレット・パッカード)パソコン比較購入ガイド
HP(ヒューレット・パッカード)パソコンの
比較・購入に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく解説しています。
ここでは、HP ENVY13をレビューします。
HP(ヒューレット・パッカード) パソコン
HP ENVY13レビュー
ENVY13は、HPのプレミアムノートに位置づけられるハイパフォーマンなコンパクトノート。13.3インチ液晶を搭載しています。

ENVY13レビュー

・全身アルミニウムを採用した洗練されたデザイン
・スリム設計
・ベゼル幅が狭い
・第7世代インテルCore i3/i5プロセッサ搭載モデル(ad000)に加え、第8世代インテルCore i7プロセッサ搭載モデル(ad100)を選択可能

という特徴を備えています。

ここでは、ENVY 13の特徴・スペック・使い勝手等について詳しくレビューします。

(*13.3インチ液晶搭載のスリムノートMac Book Airと比較してみました→ENVY13とMac Book Airの比較)
目次
[スポンサーリンク]
1)アルミ素材を用いることで高い質感を実現

ENVY 13では、アルミウムボディを採用することで、洗練されたフォルムを実現しています。光が当たるとすごく綺麗。

カラーリングはシルクゴールド。上品で落ち着いたカラーリングです。

キーボード部分もゴールドで統一感があります。

光が当たると反射がすごく綺麗です。

背面部はポリッシュ(磨き)加工が施されており、デザイン上のアクセントになっています。

「ENVY」が印字されているのが見えます。

タッチパッドの淵にはダイヤモンドカット加工が施されており、見る角度によってキラリと光ります。

細部まで気を使ったデザインになっていると思います。

デザインの質感が高いので満足度は高いですね。
2)ナローベゼルを採用

ENVY 13では、液晶の外枠が狭いナローベゼルを採用。このおかげでコンパクトなボディに仕上がっています。

見てください。この枠の薄さ。

指と比べると、その薄さがよくわかると思います。

わずか約7mmしかありません。

外枠の存在が気にならないので画面に集中することができます。

ナローベゼルを採用したノートPCの場合、その枠の薄さゆえに、Webカメラは液晶パネルの下部に配置されることが多いです。しかし、液晶の下にカメラが配置された場合、下から上に見上げる形になるため、映り方に不満を感じることもあります。

ENVY13では液晶の上部にWebカメラが配置されているため、自然な角度で撮影可能です。
3)コンパクト/スリムなボディ

ENVY13は13.3インチ液晶搭載のコンパクトノート。

雑誌と比べるとこんな感じ。

厚みは約14mm。非常にスリムです。

横から見たところ。

こうしてみると、薄さが際立ちます。

重量は1.22kg。

片手で持ったところ。

非常にスリムなので持ち運びしやすいですね。

こうやって持ってみると、そのコンパクトさがよくわかると思います。

ボディの堅牢性は高いので、こんな風に持ってもボディがたわんだりすることはありません。
4)キーボードが傾く設計になっている

ENVY13では、ディスプレイを開くと、ヒンジ部がボディを押し上げる設計になっています。

この結果、キーボード面に角度がつき、自然な角度で、タイピングすることができます。

また、底面部と床面との間にスペースができるため、冷却のための吸気も最大化され、 熱トラブルの発生を抑えることができます
5)スペックをチェック
ENVY 13の主なスペックは次のとおり。
モデル ENVY13-ad000 ENVY13-ad100
パッケージ ベーシック
スタンダードモデル スタンダードモデル パフォーマンスモデル
OS Windows 10 Home/Pro
液晶 13.3インチ液晶
フルHD・IPSブライトビューディスプレイ (1920×1080)
CPU 第7世代インテル Core i3-7100U
(2.40GHz, キャッシュ 3MB)
第7世代インテル Core i5-7200U
(2.50GHz-3.10GHz, キャッシュ 3MB)
第8世代インテル Core i5-8250U (1.60GHz-3.40GHz, キャッシュ 6MB) 第8世代インテル Core i7-8550U
(1.80GHz-4.00GHz, キャッシュ 8MB)
メモリ 4GB 8GB 8GB
ストレージ 256GB SSD (PCIe NVMe M.2) 512GB SSD (PCIe NVMe M.2) 512GB SSD (PCIe NVMe M.2)
光学ドライブ -
グラフィックス インテルHDグラフィックス インテルUHDグラフィックス
端子類 USB Type-C 3.1 Gen1 ×2 (電源オフUSBチャージ機能対応 )、 USB3.1 Gen1 ×2 (うち1ポートは電源オフUSBチャージ機能対応)、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1、microSDカードスロット
バッテリ駆動時間 14時間 14時間 13時間
サイズ 305×215×14mm
重量 1.24kg
CPUはインテル第7世代Core i3/i5プロセッサ搭載モデル、第8世代Core i5/i7搭載モデルを選択可能。
CPU 第7世代インテル Core i3-7100U
第7世代インテル Core i5-7200U 第8世代インテル Core i5-8250U 第8世代インテル Core i7-8550U 第7世代インテル Core i7-7550U
(参考)
コアの数 2 2 4 4 2
スレッドの数 4 4 8 8 4
プロセッサー・ベース動作周波数 2.40GHz 2.50GHz 1.60GHz 1.80GHz 2.70GHz
ターボ・ブースト利用時の最大周波数 - 3.10GHz 3.40GHz 4.00GHz 3.50GHz
キャッシュ 3MB 3MB 6MB 8MB 4MB
最新の第8世代インテルCore i5-8250U/i7-8550Uプロセッサを選択できます。コアは4つを搭載。1つ前の世代のCoreプロセッサでは2つのコアしか搭載していなかったため、コアの数が倍になっています。

基本的には、コアの数が多ければ多いほど、同時に処理できる処理数が増えるため、マルチタスクの処理性能が向上します。

価格が高くなりますが、性能重視であれば第8世代インテルCore i5/i7プロセッサ搭載モデルがオススメです。

メモリは4/8GBを選べます。ストレージとして高速アクセス可能なPCIe NVMe M.2 SSD(256GB/512GB)を搭載。

この構成を見れば、ENVY13が高い基本性能を発揮できるのがわかります。

ただし、グラフィックスは、CPU内蔵タイプのグラフィックスを採用しているため、動画/画像の編集など、高い描画処理能力を必要とするタスクには不向きです。また光学ドライブも非搭載です。

バッテリ駆動時間は約13-14時間なので、外出先でバッテリ残量を気にしなくても済みます。

ENVY 13のパフォーマンスをチェックしてみました。

レビューしたENVY 13のスペックは次のとおり。

・CPU:インテル Core i5-7200U
・メモリ:8GB メモリ
・ストレージ:512GB SSD (PCIe、NVMe、M.2)
・グラフィックス:インテルHDグラフィックス

Windowsエクスペリエンスインデックスのスコアは次のとおり。

・CPU:7.6
・メモリ:7.9
・ストレージ:8.6
・グラフィックス:6.7

グラフィックスのスコアが相対的に低めですが、他は高めのスコアを記録。

第8世代インテルCore i7プロセッサ搭載モデル(パフォーマンスモデル)のパフォーマンスもチェックしてみました。

・CPU:インテル Core i7-8550U→8.3
・メモリ:8GB メモリ→8.3
・ストレージ:512GB SSD (PCIe、NVMe、M.2)→8.5
・グラフィックス:インテルUHDグラフィックス→6.6

やはりCore i5-7200Uに比べてスコアが上がっていますね。

実際に作業してみて、Web閲覧/動画再生といった比較的負荷のかからないタスクであれば、快適に処理できました。コンパクトノートとしては高い性能を発揮できると思います。
6)BANG&OLUFSENのテクノロジーを採用

ENVY13では、優れたサウンドシステムを提供することで定評のあるBANG&OLUFSENのテクノロジーを採用しています。

スピーカーはキーボード上部に2つ

底面部の左右に2つの合計4つを搭載。

実際に音楽を聞いてみましたが、スピーカーの数が多いため音に厚みがあり、非常にクリアなサウンドを楽しめます。重低音も響き、バランスがいいですね。さすがはBANG&OLUFSEN!

プリインストールされているソフトを使って、サウンドを自分好みにカスタマイズすることができます。
7)各パーツをチェック
次にENVY 13の各パーツをチェックします。

液晶は13.3インチパネルを搭載。

最大解像度は1920×1080ドット。

液晶には光沢パネルが採用されているため、色の描写は綺麗ですが、見る角度によっては映り込みが発生します。

IPSパネルを採用しているため、液晶表示はすごく綺麗。精細感も高く、動画を堪能できます。

視野角も広く、斜め方向からでもくっきり表示を確認できます。

動きの早いスポーツも楽しめました。

キーボード。

Enterキーの右側に1列キーが配置されています。慣れるまでは打ち間違えが発生しやすいです。

キーの表面はちょっとつるつるしています。

コンパクトノートとしては、十分なキーピッチを確保。

したがって窮屈な感じはまったくありません。快適なタイピングが可能です。

スリムノートのため、キーストロークはちょっと浅めです。

ENVY13のキーボードにはバックライトが装備されており、暗い環境でも快適なキー操作が可能です。

バックライトのオン/オフの切替はF5キーで実行します。明るさの調整はできません。

タッチパッドはクリックボタンが一体となったタイプを採用。横長になっています。

タッチパッドの反応は良好です。

クリックボタン部分の押し込み幅は結構深め。なのでしっかりめに押す必要があります。個人的にはもうちょっと固いほうが好きかな。

パームレストの表面はさらさらしており、汚れがつきにくく実用的です。

右側面部。

USB Type-C 3.1端子、USB 3.1端子、電源コネクターが配置されています。

左側面部。

USB 3.1端子、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート、USB Type-C 3.1、microSDカードスロットが配置されています。

USB端子は、通常タイプ(USB 3.1)が2つ、USB Type-Cが2つ、左右それぞれに配置されているので使い勝手がいいですね。

ただし、SDカードスロットはmicroSDカードしか使えないので、通常のSDカードを使っている人は注意が必要です。

底面部。中央上部に通気孔が見えます。
継ぎ目はなく、バッテリは内蔵されています。

ENVY 13に同梱されるACアダプタをチェックしてみましょう。

ADアダプタは手の平に収まるコンパクトさ。

こんな風に電源ケーブルを接続して使用します。

ACアダプタとケーブルを合わせた重量は約282g。

電源コネクタに接続したところ。L型コネクタを採用しているので必要最小限のスペースで接続できます。

電源ケーブル接続にUSB端子を使用しないため、充電中もUSB端子をフル活用できるのはいいですね。
まとめ

以上、HP ENVY 13の特徴をまとめると次のとおり。

・デザインが美しい
・スリム/コンパクトなボディ
・ベゼル幅が狭い
・第7世代/第8世代インテルCore iプロセッサ+SSDという構成により、高いパフォーマンスを発揮できる
・優れたサウンドシステムを搭載


最大の特徴はデザインが何よりも美しいところ。さらに、性能面も充実しているうえ、優れたサウンドシステムを採用しているなど、非常に魅力的なコンパクト/スリムノートに仕上がっています。

*詳しくはHP ENVY 13詳細情報 icon(HP Webサイト)を参照してください。
当サイト向け特別クーポンを利用すればHP個人/法人向けPC(9万円以上)が7%オフに! new!
日本HP様から当サイト向けの特別クーポンの提供を受けることになりました。このクーポンを利用すれば、HP個人/法人向けPC(9万円以上)が通常価格から7%オフになります。クーポンの利用方法/条件等については、「HPクーポンで7%オフをゲットする方法」を参照してください。2017/11/30(木)までの期間限定です。

(更新日:2017年11月1日)
HP Directplus オンラインストア