HP(ヒューレット・パッカード) デスクトップ パソコン (2010夏モデル) 購入 比較

サイトマップ
HP(ヒューレット・パッカード)パソコン比較購入ガイド
HP(ヒューレット・パッカード)パソコンの
比較・購入に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく解説しています。
ここでは、HPの個人向けデスクトップ製品について説明します。
HP(ヒューレット・パッカード) パソコン
HPパソコン比較購入ガイドTOP > 個人向けデスクトップ(2010夏モデル)
HP(ヒューレット・パッカード)パソコン
個人向けデスクトップ(2010夏モデル)
HPのデスクトップパソコンは、次の4つのタイプに分かれています。
1)スリムタイプ(s5400シリーズ)
2)ミニタワー(p6400シリーズ/HPEシリーズ)
3)オールインワン
4)タッチスマート

スリムタイプとミニタワーは、モニタを接続する必要のあるセパレートタイプ。モニタを別途用意する必要があるほか、接続が必要、設置面積が大きくなるなどのデメリットが生じますが、総じて性能が高い、拡張が容易というメリットがあります。

一方、オールインワンとタッチスマートはいずれもモニタとPC本体が一体化されています。したがって接続の必要がなく、設置面積が少なくて済みますが、拡張性は期待できません。
スリム
幅10.5cmのスリムタイプ筐体を採用。省スペースを重視される方に最適なコンパクトマシンです。AMDプロセッサ搭載のs5430jpインテルプロセッサ搭載のs5450jpの2つのモデルが存在します。
AMDプロセッサ搭載のスリムタイプデスクトップ。
インテルプロセッサ搭載のスリムタイプデスクトップ。
HP Pavilion s5450jpレビュー筐体内部比較
ミニタワー
拡張性に優れたミニタワー筐体を採用したモデル。必要に応じて容易に拡張できるため、パフォーマンスに妥協したくない人に最適です。コストパフォーマンスに優れたp6000シリーズと高い性能を発揮するHPEシリーズの2つのモデルが提供されています。したがって、価格を重視するのならp6400シリーズ、性能を重視するのならHPEシリーズがお勧めです。
低価格が特徴のエントリ向けデスクトップ(最小構成2万円台)。
インテルCore i7、i5、i3プロセッサを搭載可能なHPデスクトップの高性能モデル。
HP Pavilion p6440jpレビュー筐体内部比較
AMDプロセッサを搭載するハイパフォーマンスモデルです。
インテルプロセッサを搭載可能なハイパフォーマンスモデルです。
HP Pavilion HPE280レビュー筐体内部比較
インテルCore i7 Extreme Editionを選択可能なHPデスクトップのハイエンドモデル。
オールインワンPC
液晶とPC本体が一体となったPC。PCと液晶を接続する手間が省けるほか、設置スペースも少なくて済みます。18.5インチ液晶搭載のMS230jpと21.5インチ液晶搭載の200の2つのモデルが提供されています。
18.5インチ液晶とPC本体が一体となったオールインワンPC。AMDプロセッサを搭載可能。
21.5インチ液晶とPC本体が一体となったオールインワンPC。インテルプロセッサを搭載。
タッチスマートPC
タッチスクリーンを搭載したオールインワンPC。省スペースなのに加え、直感的な操作が可能です。20インチ液晶搭載の300PCと23インチ液晶搭載の600PCの2つのモデルが提供されています。
20インチのタッチスクリーンを搭載したオールインワンパソコン。画面を手で触って直感的に操作することが可能です。
23インチの大型タッチスクリーンを搭載したオールインワンパソコン。画面を手で触って直感的に操作することが可能です。
2010年デスクトップ夏モデル
HP Directplus オンラインストア