HP Pavilion 500レビュー

サイトマップ
HP(ヒューレット・パッカード)パソコン比較購入ガイド
HP(ヒューレット・パッカード)パソコンの
比較・購入に役立つ情報(レビュー/スペック/特徴)について詳しく解説しています。
ここでは、HP Pavilion 500をレビューします。
HP(ヒューレット・パッカード) パソコン
HP Pavilion 500レビュー
HP Pavilion 500はミニタワー型筐体を採用したデスクトップ。HPから提供されているミニタワー型デスクトップには、このPavilion 500に加えてENVY Phoenix 800/ENVY700がありますが、Pavilionはコストパフォーマンスの高さを特徴としています。

HP Pavilion 500レビュー

【HPミニタワーデスクトップの比較】
機種名 Pavilion 500 ENVY 700 ENVY Phoenix 810 ENVY Phoenix 810 Extreme Edition
特徴 ミニタワー型の中では最もコストパフォーマンスが高い。 性能と価格のバランスのとれたデスクトップPC。HPデスクトップの中で最も高い人気を誇る 妥協のないパフォーマンスを求める人向けのハイエンドマシン。怪しく光るイルミネーション、特徴的なデザインなど、ゲームを堪能したい人向けのスペックを搭載。810と810 Extreme Editionの主な違いは搭載できるCPUの種類。
OS Windows 8.1 Windows 8.1/
Windows 7
Windows 8.1
CPU AMDプロセッサ/第4世代Core i3/5/7 第4世代
Core i5/7
第4世代Core i7 Core i7/
Core i7ストリームエディション
グラフィックス インテルHDグラフィックス/ NVIDIA GeForce GT 640 NVIDIA GeForce GT 640/ NVIDIA GeForce GTX 760 NVIDIA GeForce GTX 760/ NVIDIA GeForce GTX 770
冷却方式 空冷 水冷
最小構成価格 49,980円
(インテルモデル)
45,990円
(AMDモデル)
89,880円
(Windows 8.1モデル)
79,800円
(Windows 7モデル)
139,860円 149,940円
レビュー レビュー レビュー レビュー
  Pavilion 500-040jpレビュー HP ENVY 700レビュー HP ENVY 810レビュー
(*ここに記載されているスペック・構成・価格は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずHP Webサイトでご確認ください。レビュー機はメーカーの貸出機です)
CPUには、第4世代Core iプロセッサを搭載可能。メモリは最大16GB、ストレージは最大3TBとなっており、高い拡張性を有しています。グラフィックも、チップセット内蔵タイプのほか、より性能の高いカードタイプのNVIDIA GeForce GT 640を選択することも可能です。

ミニタワー型筐体を採用しているので拡張スロットも充実しており、PCI Express x16×1スロット、PCI Express x1×3スロットが利用できます。

レビュー

前面部は、ブラックアンドシルバーのツートン仕様。ブラック部分は光沢加工処理されており、高い質感を誇ります。いわゆる低価格マシンにありがちな安っぽさはどこにもありません。

雑誌と比較

雑誌を使って大きさを比較してみました。175(幅)×390(奥行き)×368(高さ)mmとなっており、ある程度の設置面積をとりますね。

前面部

前面部を見てみましょう。

電源ボタン

右上には電源ボタン、その左にはHDDステータスランプが配置されています。電源をオンにするとボタンが点灯します。

光学ドライブ

上部には光学ドライブが配置されています。選択できる光学ドライブは、DVD-ROMドライブ、DVDスーパーマルチドライブ、ブルーレイROMドライブ、ブルーレイディスクドライブの4種類。

ドライブ

トレイを出したところ。Pavilion 500では、光学ドライブ用のベイは1つしか用意されていないので増設は不可です。

USB端子

中段には、6in1メディアスロット、マイク端子、ヘッドホン端子、USB 3.0×2が配置されています。頻繁に使用することの多いUSB端子が前面に配置されているのはうれしいですね。

MADE IN TOKYO

東京で生産されたことを示す「MADE IN TOKYO」シールが貼り付けられています。

スタイリッシュ

すごくすっきりとしたデザインです。

上面部

上面部。上位機種では、上面部に窪みが設定されていますが、このPavilion 500では窪みがないので、何か置いておいたりすることはできません。

右側面部

右側面部。通気孔が配置されています。

左側面部

左側面部。シリアルナンバーが記載されたシールが貼り付けられています。

背面部

背面部。

電源

一番上には電源端子。

拡張カードスロット

中段には、拡張カードスロットが4つ配置されています。

端子

一番下の段には各種端子が配置されています。各種音声端子の下に、映像端子のDVI端子×2、USB 2.0×4、LAN端子が設定されています。

USB端子は、前面部にUSB 3.0が2つ、背面部にUSB 2.0が4つの合計6つを利用できます。デフォルトでDVI端子が2つあり、デュアルモニタに対応可能です。

ネジ

Pavilion 500では、背面部にあるネジを外せば簡単に筐体内部にアクセスできます。

ドライバ

ネジを外すにはドライバが必要。

ネジ外し

ネジを緩めきっても、ネジは外れない仕組みになっているので、なくしてしまう恐れがありません。

筐体内部にアクセス

側面部を少し後ろにずらせば簡単に外せます。

筐体内部

Pavilion 500の筐体内部。

光学ドライブベイ

左上には光学ドライブ。1つだけ格納できます。

HDDベイ

左下にはHDD。

スペース

すごくスペースに余裕があるのがわかります。熱がこもりにくいので、発熱の問題を気にしなくても済みそうですね。

電源

右上には電源。

マザーボード

右下にはマザーボード。

スロット

マザーボード上部には、PCI Express x1×3スロット、PCI Express x16×1スロットが配置されています。ミニタワー型筐体なのでフルサイズの拡張カードを搭載可能。

拡張カードスロット

ファン

マザーボード下部にはCPUとメモリスロット×2が配置されています。

変換アダプタ

DVI-VGA変換アダプタが同梱されているので、VGA端子しかないモニタにも接続することが可能。

VGA

Pavilion 500のデフォルトの映像端子はDVI端子だけなので、この変換アダプタの存在はありがたいですね。

HP Pavilion 500レビュー

以上、Pavilion 500のレビューでした。

お求めやすい価格のミニタワー型デスクトップを導入して、自分にぴったりの構成に仕上げたい人にお勧めです。
当サイト向け特別クーポンを利用すればHP個人向けPC(12万円以上)が7%オフに! new!
日本HP様から当サイト向けの特別クーポンの提供を受けることになりました。このクーポンを利用すれば、HP個人向けPC(12万円以上)が通常価格から7%オフになります。クーポンの利用方法/条件等については、「HPクーポンで7%オフをゲットする方法」を参照してください。2020年8月31日(月)迄の期間限定です。
個人向けデスクトップ/ノートPCを10万円(税抜)以上購入すると5%オフになるクーポンも提供中。購入額が10万円以上12万円未満の場合には、こちらのクーポンを適用するとお得です。→HP割引きクーポンページicon
HP楽天市場店で全品10%オフ new!

HPでは楽天市場店にも力を入れています。8/10(月)00:00〜8/20(木)23:59迄の期間限定で店内全品10%オフになるクーポンを提供中!

5営業日お届けモデル new!

すぐにPCを使い始めたい!という人向けに5営業日でお届けできるモデルをまとめています。詳しくは、5営業日お届けモデル詳細ページ icon(HP公式ページ)を参照してください。

icon icon

当サイトではHPパソコンの詳細情報/レビューを多数掲載しています。更新情報に関しては、ツイッターにアップしていますので、最新情報をチェックしたい人は是非フォローしてください。