HP 15-fd(インテル)の特徴解説

(*当サイトの記事にはアフィリエイト広告が含まれています)

HP 15-fd(インテル)は、エントリシリーズとして位置づけられるHPシリーズに属する15.6インチ液晶搭載ノートPC。インテルプロセッサ搭載モデルです。

HP 15-fd(インテル)

HP 15-fd(インテル)の主な特徴は次のとおり。

  • インテルプロセッサを搭載
  • コストパフォーマンス重視モデル
  • 15.6インチパネルを搭載
  • 1920×1080ドットの非光沢IPSパネルを搭載

ここではHP 15-fd(インテル)の特徴・スペック等について詳しく解説します。

HP 15-fc購入レビュー

同じHPシリーズの15.6インチノートPCでAMD Ryzenプロセッサ搭載のHP 15-fcを購入したのでレビューしています。HP 15-fdと共通している部分があるので参考になる部分があると思います。詳しくは、HP 15-fc購入レビューを参照してください。

【参考】HP 15-fc動画

HP 15-fcに関する動画をYouTubeにアップしています。

*ここに記載されているスペック・構成・価格は記事執筆時点のものです。最新情報については必ずHP Webサイトでご確認ください

当サイト向け特別クーポンの適用でHPパソコンがお得に購入できます!当サイト向け特別クーポンの適用でHPパソコンがお得に購入できます!

*当サイト向け特別クーポンが提供されています。個人向けPCが7%オフ/法人向けPCが4%オフになるクーポンが利用可能です。【プロモーション/提供:株式会社日本HP】

1)シンプルなデザインの15インチノート

HP 15-fd(インテル)で用意されているカラーリングはナチュラルシルバーとウォームゴールド、シンプルなデザインです。

ナチュラルシルバーは全体がシルバーカラーですが、

ウォームゴールドは天板部がが淡いゴールド、キーボードの周囲はシルバーのようです。

15.6インチパネルを搭載。最大解像度は1920×1080ドット。縦横比は16:9です。

ボディサイズ358 × 236 × 19.5 mm。重量は約1.64kg。最近の15インチノートとしては標準的な重さです。

2)インテルプロセッサを搭載

HP 15-fd(インテル)の主なスペックは次のとおり。AMD プロセッサ搭載可能なHP 15-fcのスペックと比較してみました。

HP 15-fd(インテル)のスペック

  HP 15-fd(インテル) 【参考】HP 15-fc
OS Windows 11 Home in Sモード/
Windows 11 Home
Windows 11 Home in Sモード/
Windows 11 Home
液晶 15.6インチワイド・フルHD・IPSディスプレイ
非光沢
15.6インチワイド・フルHD非光沢・IPSディスプレイ (1920×1080)
最大解像度 1920×1080ドット 1920×1080ドット
CPU インテルN100 /インテルCore i3-N305/インテルCore i5-1335U/インテルCore i5-1334U/インテル Core i5-1335U/インテルCore i5-1334U/インテルCore i7-1355U AMD Athlon Silver 7120U/AMD Ryzen 3 7320U/AMD Ryzen 5 7530U
メモリ 4GB (4GB×1) DDR4-3200MHz/
8GB (8GB×1) DDR4-3200MHz/
8GB (4GB×2) DDR4-3200MHz/
16GB (8GB×2) DDR4-3200MHz
4GB オンボード (5500MHz, LPDDR5)/
8GB オンボード (5500MHz, LPDDR5) /
8GB (4GB×2) DDR4-3200MHz/
16GB (8GB×2) DDR4-3200MHz
ストレージ 128GB SSD (PCIe NVMe M.2)/256GB SSD (PCIe NVMe M.2) /512GB SSD (PCIe NVMe M.2) 128GB/256GB/512GB SSD (PCIe NVMe M.2)
グラフィックス Intel Core UHD グラフィックス (プロセッサーに内蔵)/
インテル Iris Xᵉ グラフィックス (プロセッサーに内蔵)
AMD Radeon 610M グラフィックス (プロセッサーに内蔵) /AMD Radeon グラフィックス (プロセッサーに内蔵)
光学ドライブ
インターフェイス HDMI 出力端子×1、SuperSpeed USB Type-C 5Gbps ×1、 SuperSpeed USB Type-A 5Gbps×2、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
*SDカードスロットは非搭載
HDMI 出力端子×1、SuperSpeed USB Type-C 5Gbps ×1、 SuperSpeed USB Type-A 5Gbps×2、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1
*SDカードスロットは非搭載
カラーリング ナチュラルシルバー/ ウォームゴールド ナチュラルシルバー
バッテリ駆動時間 最大約7時間30分 最大 10時間
外寸(mm) 358 × 236 × 19.5 mm 358 × 236 × 17.9 mm (最薄部) -21.5 (最厚部) mm
最小重量(kg) 約1.64kg
約1.63kg

OS

Windows 11 (Sモード)とWindows 11 Home (64bit)を搭載したモデルを選択可能。

セキュリティを確保するため、Windows 11 (Sモード)では、Microsoft Storeの検証済みアプリのみを実行できる仕様になっています。したがって、Microsoft Store の検証済みアプリ以外のアプリを実行するには、Sモードを解除して、標準モードのWindowsに切り替える必要があります。一度解除すると、Sモードに戻すことはできません。

CPU

CPUはインテルプロセッサを採用。インテルN100、インテルCore i5-1334U、インテル Core i7-1355Uなどの中から選択できます。

メモリ

メモリは4GB/8GB/16GB搭載モデルを選択可能。4GBメモリ搭載モデルの場合、処理に時間がかかってストレスを感じるシーンがあるので、できれば8GBメモリ搭載モデルを選んだ方が快適に作業できると思います。

ネットを見る・動画を再生するなど負荷が軽めのタスクを実行する場合には、8GBでも問題なく処理できるケースがありますが、重い負荷がかかったり、マルチタスクを実行したりすると処理が遅くなることがあるので、性能重視なら16GBメモリ搭載モデルがオススメです。

メモリ容量   説明

4GB

 


快適
価格重視のモデルで4GBメモリ搭載モデルが用意されることが多いです。価格が安く設定されるのがメリットですが、ちょっと負荷のかかる処理を実行しようとすると、動きがもっさりすることがあるので、できれば8GBメモリ以上のメモリ搭載モデルを選ぶのがおすすめ。
8GB 一般的なタスク(Web閲覧/メール/ビジネスアプリの操作/動画再生)であれば、それほどストレスなく処理できるレベルのパフォーマンスを確保できると思います。
16GB 負荷のかかる処理を快適に実行したい場合には、16GB以上のメモリを積むことをオススメします。

ストレージ

ストレージは、SSDを搭載。128GB/256GB/512GB SSDを搭載したモデルを選べます。

128GBだと、OSやプリインストールされているアプリケーションの占有領域があるため、使える容量が少なめです。大容量データを大量に扱うのであれば、256GB/512GBストレージ搭載モデルの方が、いちいちストレージ残量を気にする頻度を減らせます。

グラフィックス

グラフィックスには、CPU内蔵タイプを選択可能。高性能グラフィックス搭載モデルは用意されていないため、負荷のかかる動画・画像の編集等の作業を快適にこなすのは難しいと思います。

スペックまとめ

このスペックを見ると、HP 15-fdはエントリーノートPCに位置づけられているのがわかります。なので、比較的負荷の軽めの作業がメインとなると思います。

3)パッケージ別の価格をチェック

HP 15-fd(インテル)のパッケージ別の価格をチェックします。

  HP 15-fc0000 シリーズ
  エントリーモデル

エントリープラスモデル

スタンダードプラスモデルv2

パフォーマンスモデル

OS Windows 11 (Sモード) Windows 11 Home
CPU インテル N100 インテルCore i5-1334U  インテル Core i5-1334U インテル Core i7-1355U
メモリ 4GB (4GB×1) 8GB (8GB×1) 8GB (4GB×2) 16GB (8GB×2)
ストレージ 128GB SSD 256GB SSD 512GB SSD 512GB SSD
割引き後価格 【快適パソコンライフ!】
58,500円~
【快適パソコンライフ!】
71,200円~
- 【快適パソコンライフ!】
147,500円~

25周年記念大祭り!! iconの価格
(2024/7/22(月) 23:59迄)

- 69,900円~
【快適パソコンライフ!】の価格よりも
1,300円お得!
79,900円~ -

(*価格は2024/7/5時点(税込))

この記事執筆時点では、上記4つのパッケージが用意されています。エントリーモデルだと、15インチノートPCとしては圧倒的に安いですね。しかし、性能的にはインテルN100+4GBメモリという組み合わせで、動きがもっさりすることがあると思われるため、個人的にはあまりオススメできないですね。

ストレス無く使いたいのであればエントリープラスモデル以上がおすすめ。コスパ重視で、負荷の重いタスクはあまり実行しない/多少処理がもたついても構わないから価格を重視したい、という人向けです。

性能重視だと16GBメモリを搭載したパフォーマンスモデルがオススメです。

4)各パーツ/特徴をチェック

HP 15-fd(インテル)の各パーツをチェックします。

ディスプレイ

15.6インチパネルを搭載。エントリーPCの場合、価格の安いTNパネルを搭載するモデルがありますが、HP 15-fdの場合、表示が綺麗/視野角が広い/色表現が鮮やかという特性を持つIPSパネルを搭載しています。

  メリット デメリット
TN
  • 価格が安い
  • 応答速度が速い
  • 色表現が淡い
  • 青みがかった表示
  • 視野角が狭い
VA
  • コントラスト比が高い
  • 黒の表現いい
  • 色表現がそれほど良くない
  • 視野角がそれほど広くない
★IPS
  • 色表現が優れている
  • 視野角が広い
  • 価格が高い

また非光沢パネルを採用しているため、照明などの映り込みが発生しにくく、長時間画面を見続けても目が疲れにくいと思います。

  メリット デメリット
光沢パネル
  • 色の表現が鮮やかなので、映像/画像を楽しめる
  • 照明など、周りの物の映り込みが発生しやすい。
  • ぎらつきが多いので、長時間見続けた時の目への負担が大きい
★非光沢パネル
  • 映り込みが発生しにくいので、いちいちディスプレイの角度を調整しなくてもいい
  • ぎらつきが少ないので目への負担が軽い
  • 光沢パネルと比べて、色の表現が淡い感じになる

キーボード

キーボードは個々のキーが独立したセパレートタイプを採用。テンキーを搭載しているので、数字を入力する場合に便利です。

キーピッチ(キー間の距離)は約18.7mm。フルサイズのキーボードのピッチが約19mmなので、ちょっと狭めですが、おそらくこれぐらいのキーピッチを確保しているのであれば、それほど窮屈な感じはないと思います。

キーストローク(キーを押し込む深さ)は約1.3mm。ちょっと浅めです。

タッチパッドはクリックボタンが一体となったタイプを採用。

左側面部

左側面部。上の画像の左から順に、USB Type-A、HDMI、USB Type-C、ヘッドホン/マイクコンボ端子が配置されています。

右側面部

右側面部。写真左から順に、USB Type-A、電源端子が配置されています。

【搭載しているUSB端子の種類と配置場所】
USB端子 最大転送速度 個数/場所
SuperSpeed USB Type-A 5Gbps 5 Gbps 1個/右側面部
1個/左側面部
SuperSpeed USB Type-C 5Gbps 5 Gbps 1個/左側面部

USB端子は従来からあるType-A端子が2つ、前後の向きのないType-C端子が1つの合計3個を搭載。

Type-C端子は、DisplayPortやPowerDeliveryには対応しておらず、データ伝送のみに使用できます。

なおSDカードスロットが用意されていないので、SDカードを多用する人は注意が必要です。

【指紋認証/カメラシャッター/ミュートボタン搭載】

キーボード右下に指紋認証センサーを搭載。手間無くログインできるうえ、セキュリティを高めることができます。

Webカメラにはシャッターを搭載。撮影しない場合は、シャッターをオンにすることで画像・映像流出問題を回避できます。

ミュートボタンも搭載しています。

【Bluetoothマウス同梱】

価格が安めに設定されているのにワイヤレスBluetoothマウスが同梱されているのでお得です。

まとめ

HP 15-fd(インテル)について見てきました。主な特徴をまとめると次のとおり。

HP 15-fd(インテル)の特徴

  • インテルプロセッサを搭載
  • コストパフォーマンス重視モデル
  • 15.6インチパネルを搭載
  • 1920×1080ドットの非光沢IPSパネルを搭載

コスパ重視の大きなパネルを搭載したインテルプロセッサ搭載ノートPCを探している人にオススメしたいですね。

当サイト向け特別クーポンを利用すればHP個人向けPCが7%オフに!  new!

日本HP様から当サイト向けの特別クーポンの提供を受けることになりました。 このクーポンを利用すれば、HP個人向けPC(13.2万円以上)が通常価格から7%オフになります。クーポンの利用方法/条件等については、「HPクーポンで7%オフをゲットする方法」を参照してください。【プロモーション/提供:株式会社日本HP】

当サイト向け特別クーポンの適用でHPパソコンがお得に購入できます!当サイト向け特別クーポンの適用でHPパソコンがお得に購入できます!

*HPでは楽天市場店にも力を入れています。楽天ポイントを大量にゲットできるセールも定期的に実施しているので、是非確認してみてください。またAmazonでも購入できます。

HP DirectPlus楽天市場店  →Amazon HP特集ページ

(更新日:2024年7月5日)